サウジ石油施設攻撃、「背後にイラン」とトランプ氏

サウジ石油施設攻撃、イランからと分析 米当局

ワシントン(CNN) サウジアラビアの石油施設が無人機攻撃を受けた問題をめぐり、トランプ米大統領は16日、ホワイトハウスでの記者会見で、背後にイランがいるとの見方を示した。

トランプ氏は会見で、イランによる攻撃だったのかという質問に「そのように思われる」と答えた。同時に「確かなことは後日知らせる」「現在検証中だ」とも語った。

トランプ氏はまた、現在の米国は歴史上のどんな国と比べても臨戦態勢が整っていると強調する一方、武力衝突は避けたいとの意向も強調した。

そのうえで、米国が軍事行動に出た場合は、サウジがその費用を負担することになるとの考えを示した。

イランとの間には外交交渉の道も残されていると述べ、イラン側が交渉成立を望んでいることは分かっているとも語った。

同盟国のサウジに防衛を約束したかという質問には「それは約束していない」と答えた。

サウジの石油施設は14日に一斉攻撃を受け、イランを後ろ盾とするイエメンの反政府武装組織フーシが犯行声明を出した。米当局者らはイランが攻撃を仕掛けたとの見方を示すが、裏付けとなる証拠は示していない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]