ワラビーの死骸が1週間に45匹、毒殺の可能性も 豪

フランスの動物園で飼育されているワラビー。オーストラリアに広く分布して生息している/JEAN-CHRISTOPHE VERHAEGEN/AFP/AFP/Getty Images

フランスの動物園で飼育されているワラビー。オーストラリアに広く分布して生息している/JEAN-CHRISTOPHE VERHAEGEN/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) オーストラリア北東部クイーンズランド州のトリニティビーチ周辺で、小型のカンガルー「ワラビー」の死骸(しがい)が相次いで見つかり、その数は計45匹になった。保護団体が原因を調べている。

ワラビーの保護活動に取り組む地元の団体「アジャイル・プロジェクト」によると、今月21日にスポーツ広場で数匹が死んでいるとの連絡が入った。それから連日、新たな死骸が見つかっている。

死んだ母親のおなかの袋の中から助け出された子どものワラビーもいる。袋に戻りたがってよじ登ろうとする子どももいた。このうち1匹が死に、6匹は同団体に保護されている。

団体の設立者は9年前からワラビーの救助、保護活動に取り組んでいるが、今回のような事態は経験したことがないと話す。

ワラビーが犬に襲われた可能性もある。しかし大半の死骸に目立った外傷はなく、何者かに毒殺されたとも考えられる。死因解明に向けた毒物検査の結果は、数日のうちに出る見通しだ。

ワラビーは林や草原に生息する動物だが、近年は宅地開発などですみかを追われ、郊外の住宅地や幹線道路沿いに出没するようになった。害獣として嫌う住民がいる一方、同団体のフェイスブック・ページには監視ボランティアの申し出も寄せられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]