米国目指した10歳少年、メキシコで襲われ重傷 父の遺体と路上に放置

グアテマラから米国を目指した父子がメキシコで襲われ父親は死亡。息子は重傷を負った/Obtained by CNN

グアテマラから米国を目指した父子がメキシコで襲われ父親は死亡。息子は重傷を負った/Obtained by CNN

(CNN) 中米グアテマラから米国を目指した親子が途中で何者かに襲われ、メキシコの道路脇に放置されているのが見つかった。10歳の少年は首に7センチ近い傷があり、ジーンズにTシャツ、薄手のジャケットを羽織った姿で、父親の腕に抱かれるようにして倒れていた。父親は絶命していた。

2人はメキシコのベラクルス州を横断する途中で襲われていた。父子を襲った悲劇は、時には密輸業者に命を預けてでも、危険を犯して米国を目指そうとする人たちの窮状を物語っている。

メキシコ・モレロス州当局によると、グアテマラ人のクリスティアン君(10)と父のルディさん(37)は5月28日にグアテマラを出発した。クリスティアン君のおじと、いとこも一緒だった。

一行はグアテマラで密輸業者に金を払い、米国まで連れて行ってもらう約束を取り付けていたが、メキシコで見捨てられ、麻薬密輸組織のロスセタスに誘拐された。同組織は米国にいる被害者の親族に身代金1万2000ドル(約130万円)を要求。親族は8000ドルを送金したが、誘拐犯から返事はなかった。

数日後の7月6日、モレロス州の道路脇に倒れているクリスティアン君とルディさんが発見された。ルディさんはのどをかき切られて死亡していたが、クリスティアン君にはまだ息があった。

クリスティアン君のおじといとこは脱出して、メキシコ当局に保護されているという。

クリスティアン君はモレロス州内の病院に運ばれて手当てを受けている。グアテマラ外務省によると、手術を受けて健康状態は良好だという。

グアテマラ外務省は、ルディさんの遺体を引き取る意向を表明した。残る3人は、メキシコに人道ビザで滞在するか、グアテマラに戻るかの選択を迫られる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]