モリソン豪首相の頭に卵ぶつける、女を逮捕

オーストラリアのモリソン首相。首相に卵を投げつけたとして女が逮捕された/Cameron Spencer/Getty Images

オーストラリアのモリソン首相。首相に卵を投げつけたとして女が逮捕された/Cameron Spencer/Getty Images

(CNN) オーストラリア南東部ニューサウスウェールズ州の街オルベリーで7日、選挙集会に参加していたモリソン首相に卵を投げ付けたとして、25歳の女が逮捕された。

現地のCNN系列局によると、卵は割れずに跳ね返った。

モリソン氏は今月18日の総選挙に向け、農村の女性らで構成する団体の集会に参加していた。

現場のビデオには、モリソン氏が驚いてあたりを見回すと同時に、卵を投げた人物が走り去ろうとする姿が映っている。

地元警察によると、同氏の警護チームが容疑者の女を取り押さえた。この過程で別の女性が押し倒されたが、けが人は報告されていないという。

モリソン氏はツイッター上で、倒れた女性参加者を自ら助け起こしたと述べ、「農場や農家に侵入しているのと同じ愚か者」による行為だと非難。「我々は暴力に立ち向かう」と宣言した。同国各地で先月、食肉処理施設などを襲った動物愛護団体を指す発言だったとみられる。

報道によれば、逮捕された女はこの日、会場の前で卵のパックを持った姿が目撃されていた。動機を問う調べに対し、オーストラリアが難民収容施設を設けていたパプアニューギニアのマヌス島に言及しているという。

オーストラリアでは今年3月、極右議員が若者に生卵を投げ付けられる騒ぎも起きていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]