「水の都」ベネチアで記録的な高潮、市内の8割近く冠水

マラソン大会も「水の中」 ベネチア

(CNN) ベネチアでは例年10~12月に高潮が起きやすくなるが、この日の水位は約160センチと、1979年12月以来の上昇幅を記録した。これまでの最高記録は66年の194センチ。

イタリア北部が低気圧に覆われたうえ、強い南風で海水が吹き寄せられた。

市内では観光客や住民らが腰まで水に浸かり、浸水した売店やレストランの従業員がバケツで水をくみ出す姿もみられた。

市中心部のサンマルコ広場は広大な湖と化し、板を渡した臨時通路が設置された。

28日に開催されたベニスマラソンでは、ランナーたちが足首までの水にしぶきを上げながら走り抜けた。

30日の水位も110センチ、風の影響によってはそれ以上の幅で上昇し、市内の12%が水に覆われることが予想される。

悪天候の影響はベネチアだけにとどまらず、首都ローマでも沿岸部に暴風雨警報が出された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]