タリバーン襲撃でアフガン警察トップが死亡、米国人2人も負傷

タリバーン襲撃でアフガン警察トップが死亡

(CNN) アフガニスタン南部のカンダハル州で反政府勢力タリバーンによる銃撃が発生し、同国の安全保障を統括する警察組織のトップが殺害されたことが19日までに分かった。アフガン当局者3人がCNNに明らかにした。このほか米国人2人が負傷した。

アフガン駐留米軍の報道官によると、同国で米軍と北大西洋条約機構(NATO)軍を指揮するスコット・ミラー司令官も現場に居合わせたが負傷は免れた。銃撃はミラー司令官と上記の警察トップとの会合の後で発生した。

タリバーンは襲撃後に犯行声明を出し、殺害した警察トップが第一の標的であったと明かした。

前出の当局者によれば、銃撃の実行犯は米軍に射殺された。米軍当局者は負傷した米国人2人について、米軍人と米政府職員だと説明。2人とも現場から避難し、現在容体は安定しているという。

アフガニスタンのガニ大統領は18日、同国警察トップに加えアフガニスタン諜報部門のカンダハル州責任者と国内安全保障の責任者も銃撃で死亡したことを確認。当局に事件の調査を命じたと発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]