ベビーカーから遺体の一部発見、メキシコの夫婦を逮捕 20人殺害と供述

逮捕された夫婦の自宅からは大量の切断遺体が見つかった/Mexico Attorney General

逮捕された夫婦の自宅からは大量の切断遺体が見つかった/Mexico Attorney General

(CNN) メキシコで、人間の遺体の一部を乗せたベビーカーを押していたとして夫婦が逮捕された事件で、地元警察は10日までに、この夫婦が女性20人を殺害した可能性があることを明らかにした。

夫婦は今月4日、首都メキシコ市郊外でベビーカーを押して歩いていたところを逮捕された。当時警察は行方不明になった女性3人と生後2カ月の赤ちゃんを捜索しており、ベビーカーに赤ちゃんがいると思って調べたところ、中から人間の遺体の一部を発見したという。

メキシコ検察のアレハンドロ・ゴメス検事によると、夫婦のうち男の方は警察の調べに対し、10人を殺害したと自供。男はまた、夫婦でさらに10人を殺害したと話している。

警察がこの夫婦の自宅を捜索したところ、切断された遺体とセメントの詰め込まれたプラスチック容器8つが出てきた。ゴメス検事が7日のフェイスブックへの投稿で明らかにした。このほか冷蔵庫の中からも、ビニール袋に入った遺体の一部が見つかったという。20人を殺害したとの供述が事実なのかどうかは、今後検察当局が調べを進めるとしている。

夫婦は子ども3人と暮らしている。ロイター通信はこの夫婦について、被害者の1人である生後2カ月の赤ちゃんを人身売買の対象として売り渡したことを認めたと報じた。

国連の統計によるとメキシコでは2016年、1日当たり7人の割合で女性や子どもが殺害された。今回の事件を受け、現場となったメキシコ市郊外では数百人が集まって犠牲者を追悼。頻発する女性や少女への暴力に抗議し、当局による対策強化を訴えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]