軍のロケット実験で大規模な原野火災、3週間続く ドイツ

火災は9月3日から続いている/WTD 91/Bundeswehr

火災は9月3日から続いている/WTD 91/Bundeswehr

ベルリン(CNN) ドイツ軍は21日、同国北部の原野で約3週間前の軍によるロケット実験が原因の火災が今なお続いている事態を受け、検察当局が軍の捜査を開始したと述べた。CNNの取材に明らかにした。

火災の現場の広さや約8平方キロで、オランダとの国境に近いドイツ北西部メッペン町の近郊。広さはサッカーグラウンド約1000個分に相当するという。軍は、完全鎮火までの日数は不明としている。

軍の声明によると、火災は9月3日、2度のロケット実験後に発生。テスト前に火災発生の可能性を調べ消火機器も準備していたが、2度目の延焼阻止に用意した消火車両が故障し、火勢の拡大を許していた。

検察当局の捜査は地元の政治家からの刑事告発を受けたもので、詳しい出火原因などを調べる。軍も関連規定が順守されていたのかなどの内部調査を進めている。

火災は21日朝の時点でも広がっており、地元のエムスラント行政当局は大災害事態を宣言し、メッペン町の北方にあるシュタベルンの住民1100人に退避準備を指示した。

ドイツを含めた欧州各地は今夏、長期の乾燥気候に見舞われ、森林地帯や草地では火災が発生しやすい環境となっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]