アフガン首都のレスリングクラブで連続爆発、20人死亡 ISISが声明

アフガニスタン首都のカブールでレスリングクラブを狙った爆弾攻撃が発生/-/AFP/AFP/Getty Images

アフガニスタン首都のカブールでレスリングクラブを狙った爆弾攻撃が発生/-/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) アフガニスタンの首都カブール西郊で5日、レスリングクラブを標的にした2度の爆弾攻撃があり、ジャーナリスト2人を含む20人が死亡した。

最初の攻撃は現地時間の午後6時ごろ発生。内務省の報道官によると、実行犯1人がレスリングクラブで自爆ベストを爆発させた。

2度目の攻撃は自動車爆弾によるもので、救急隊員や報道関係者、警察などが現場に到着した後で発生した。これらの攻撃で、国内の民間放送局に所属する28歳と23歳の記者2人を含む20人が死亡した。

過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が犯行声明を出した。現場となったのはイスラム教シーア派が多数を占める地域だった。

今年に入り、アフガニスタンで暴力のために死亡したジャーナリストは12人。ジャーナリスト保護委員会(CPJ)によればこれは世界で最多だ。4月には同日の2度の攻撃でジャーナリスト10人が殺害された。

最近の国連の報告では、今年の1~6月に同国で殺害された一般市民の数が過去最高の水準に達したとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]