ポンペオ米国務長官、北朝鮮との非核化協議に「期限設けず」

ポンペオ長官は北朝鮮との非核化協議について期限を設けない考えを示した

ポンペオ長官は北朝鮮との非核化協議について期限を設けない考えを示した

ワシントン(CNN) 米国のポンペオ国務長官はCNNの電話取材に応じ、北朝鮮と行っている非核化に向けた話し合いについて期限を設けない考えを示した。

今月12日にはシンガポールで米朝首脳会談が開催されたが、ポンペオ長官は「我々は偉大な仕事を成し遂げた」と指摘。トランプ大統領がシンガポールで目的を果たすのにチームは素晴らしい支援を行ったと述べた。

米朝首脳会談では大きな枠組みしか発表できなかったが、すでに2度訪朝しているポンペオ長官は、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長について、核の野望を捨て去る意図は「明白だ」と指摘。ポンペオ長官は、北朝鮮内部の計算が経済支援や外交上の安全保障のために核を放棄する方へ向かっているとの見方でトランプ大統領と認識が一致しているとした。

北朝鮮が非核化に真剣に取り組むか示すための期限については設けない考えを示した。ポンペオ長官の国際的な正当性は北朝鮮政府との外交的成果と一体となっているが、ポンペオ長官が、どのくらいの間、具体的な進展の証しがないまま、北朝鮮が誠実に関与するという「戦略的選択」を行ったと納得のいく主張を続けられるのかは不透明だ。

ポンペオ長官は、金委員長についてトランプ大統領と同様に「(唯一の)意思決定者だ」として、シンガポールで両首脳が合意に達した枠組みが両国を成功へと導くとの見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]