WHO、「ゲーム障害」を新たな精神衛生疾患に分類

WHO、「ゲーム障害」を精神疾患に分類

(CNN) 世界保健機関(WHO)は18日に発表した国際疾病分類の第11版で、「ゲーム障害」を新たな精神衛生疾患として分類した。

今回の分類は、WHOの精神衛生・薬物乱用に関する専門部局がWHOの意思決定機関に提案した。同部局の専門家によると、ゲーム障害には主に3つの特徴がある。

第1の症状として、ゲームが他の活動よりも優先され、他の活動が周辺に押しやられる。第2に、抑制が効かなくなって、たとえ悪影響が出ていても中止できずにエスカレートする。第3に、対人関係や社会生活などに重大な支障をきたし、睡眠の乱れや食生活の問題を引き起こす。

こうした特徴は、薬物依存症やギャンブル依存症に酷似していると専門家は指摘する。

そうした行動パターンが1年以上続いた場合、ゲーム障害と診断されるが、他の基準が当てはまる場合や、症状が重い場合は例外もある。

ただ、「世界中に何百万人もいるゲーマーは、たとえ集中的にゲームを行っていたとしても、ゲーム障害には分類されない」と専門家は強調し、ゲーム障害の罹患(りかん)率は「極めて低い」と指摘。診断は専門知識をもった医療専門家が行わなければならないと話している。

WHOでは、ゲーム障害を疾病に分類することで論議を加速させ、さらなる研究や国際協力を促したい意向。

ただ、ゲーム障害を国際疾病分類に含めることに対しては、時期尚早だとして反対する意見も根強い。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]