「世界で最も危険な国」、2年連続でベネズエラ 米調査

南米ベネズエラが2年連続で「世界で最も危険な国」に

南米ベネズエラが2年連続で「世界で最も危険な国」に

(CNN) 世論調査などを手掛ける米企業「ギャラップ」は9日までに、「世界で最も危険な国」の最新アンケート調査結果を発表し、南米ベネズエラが2年連続で首位に選ばれたと報告した。

戦火などが続くアフガニスタンや南スーダンより下位となった。

調査結果によると、ベネズエラ国民の42%は昨年中に所有物もしくは金銭絡みの盗難被害を報告。約25%は暴行被害を明かした。この比率は世界最悪の水準の1つとなっている。

今回調査の全体的結果では、約70%は自国の警察制度への信頼感を表明したが、ベネズエラでは24%だった。夜間の歩行は安心とする同国民の比率は17%で、世界平均の68%からは大きくかけ離れていた。

反米左派のマドゥロ大統領率いるベネズエラでは近年、強権体制が強まると共に政治経済面での危機が深刻化。政府批判デモの多発、食糧や薬品など生活必需品の払底、麻薬密売の激増などの弊害が出ている。同国の暴力犯罪調査団体によると、殺人発生率は世界で最高水準の1つとなっている。

ギャラップ社調査によると、法秩序の順守ではシンガポール、ノルウェーやアイスランドが最高水準を記録。半面、中南米やカリブ海諸国が過去2年、最低水準に陥っている。

昨年実施の今回調査は142カ国を対象に各国の約1000人との面談結果に基づく。自国警察への信頼度、個人的な安心感の度合いや過去1年における暴力や窃盗の発生の度合いなどの項目について尋ねていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]