中国駐在の米職員が「異常な音響」の被害、キューバの音響攻撃と酷似

中国駐在の米職員が「異常な音響」被害

(CNN) 米国のポンペオ国務長官は23日、中国に駐在する米政府職員が「異常な音響感と圧迫感」に見舞われ、脳の軽度の損傷をうかがわせる症状を訴えていることを明らかにした。在キューバ米大使館の職員を襲った症状と「非常に似ている」との見方を示している。

国務省はこの問題を受けて警戒を促し、もし中国で「異常な聴覚あるいは感覚現象」を感じたら、すぐに騒音の発生源から離れるよう呼びかけている。

キューバでは2016~17年にかけ、首都ハバナの米大使館に勤務する職員らが「音響攻撃」を受けたと伝えられており、国務省では今回の事件との類似性を調査している。

国務省によると、今回の被害に遭った職員は、中国南部広東省の広州に駐在していて、2017年後半から18年4月にかけてさまざまな身体的症状を発症、診察を受けるため米国に帰国した。

5月18日になって、この職員の臨床症状が「脳の軽度な外傷」の症状と一致することが分かったという。

国務省は医療チームを広州に派遣するとともに、中国政府にも協力を要請した。中国政府は協力を約束したという。

職員が外傷を負った原因は不明だが、ほかに中国に駐在する外交官で、同じような症状を訴えている職員は確認されていない。

キューバの音響攻撃では、被害に遭った外交官らが強い耳の痛みや頭痛などの症状を訴え、脳震盪(のうしんとう)の症状と一致すると診断されている。

ポンペオ長官は23日、キューバの事件については調査委員会が来週半ばまでに報告をまとめる見通しだと語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]