米国務省、北朝鮮の人権侵害を非難 トランプ氏の「立派」発言から一転

2018.05.03 Thu posted at 10:57 JST

[PR]

ワシントン(CNN) 米国務省は2日、北朝鮮政権は「世界で最も抑圧的で人権侵害的な政府のひとつ」だとして、北朝鮮の人権状況を強く批判する声明を出した。トランプ米大統領は先週、米朝首脳会談を前に金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の「立派」な姿勢を称賛していた。

トランプ氏は最近、一時は「小さなロケットマン」と呼んでいた金委員長への個人的な中傷を控えているが、国務省が批判の手を緩めることはなかった。同省のナウアート報道官は声明で、北朝鮮国民は60年以上にわたり自国政府から「むごたらしい人権侵害」を受けてきたと指摘した。

声明はさらに、北朝鮮では約10万人が政治犯収容所に入っていると指摘したうえで、北朝鮮の人々は政府により基本的自由をほぼ完全に剥奪(はくだつ)されていると強調。抑圧的な状況から逃れようとした人々が捕まった場合、拷問や殺害という結果につながることが多いとしている。

トランプ氏と金委員長が首脳会談に向けた準備を進めるなか、米政府は最近、慎重ながらも楽観的な姿勢を打ち出してきた。

トランプ氏は先週、米朝会談を控えた金委員長の姿勢について、「今の状況から判断すると本当にオープンで、とても立派だと思う」と形容。先月中旬には、「相手が父であれ祖父であれ、あるいは息子であっても、北朝鮮政府を相手に我々がこれほど有利な立場にあったことは過去にない」と述べるなど、歴代政権にない成果を上げられるかもしれないと示唆していた。

メールマガジン

[PR]