金正恩氏、非武装地帯での米朝首脳会談に同意 5月中に実現も

金正恩朝鮮労働党委員長が非武装地帯での米朝首脳会談開催に同意したとみられている

金正恩朝鮮労働党委員長が非武装地帯での米朝首脳会談開催に同意したとみられている

韓国・ソウル(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の説得に応じ、南北を隔てる非武装地帯(DMZ)で米国のトランプ大統領と会談することに同意したことが1日までにわかった。北朝鮮情勢に詳しい当局者がCNNに明らかにした。

DMZで4月27日に行われた南北首脳会談は世界中の注目を集め、両首脳は朝鮮半島の非核化や朝鮮戦争の正式な終戦で合意した。

北朝鮮情勢に詳しい当局者は、米朝首脳会談も同じ場所で行われる可能性が非常に大きいと語り、一部のイベントは軍事境界線の北朝鮮側で行われるとの見通しを示した。

同地は既に報道向けの設備や機材が整っていることから金委員長にとって最も合理的で、会談は5月下旬にも実現する可能性もあるという。

軍事境界線の北朝鮮側を訪れることは、トランプ大統領にとっても歴史的チャンスになる。文大統領が何らかの形で米朝会談にかかわる可能性もある。

米政府高官によると、DMZでの米朝首脳会談については、トランプ大統領が4月29日、文大統領との電話会談で言及していたという。

トランプ大統領は、南北首脳会談に臨んだ両首脳の姿や、会談の模様が全てテレビ中継されたことが非常に気に入った様子だったといい、国境越しの握手を含め、自身も同様の会談に臨みたい意向。もし会談が決裂した場合は、立ち去る場面の写真も撮らせたい意向だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]