水を運んで干ばつの町を救え、SNSで支援拡大 南ア

給水のために列を作る人たち

給水のために列を作る人たち

企業が独自で水を集め、ケープタウンに届けるケースも出てきた。集積場所には空き店舗が活用されているが、まだ足りない。

各地の学校も参加している。バン・デル・ヒーバーさんは学校から集積場所を聞かれると、「そちらの学校を使わせてもらえますか」と聞き返す。子どもたちには、ボトルにメッセージを書き込んでもらうという。

ギフト・オブ・ザ・ギバーズの責任者、イムティアズ・スーリマン氏によると、米国など外国からの寄付も入り始めた。同氏は「それも氷山の一角にすぎない。キャンペーンはどんどん拡大している」と述べ、水を鉄道で運ぶ準備も進めていると語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]