元サッカー選手のウェア氏、大統領に就任 リベリア

ジョージ・ウェア氏(左)と前任のエレン・サーリーフ氏

ジョージ・ウェア氏(左)と前任のエレン・サーリーフ氏

ナイジェリア・ラゴス(CNN) サッカーの元スター選手ジョージ・ウェア氏(51)は22日、西アフリカのリベリアで宣誓を行い、大統領に就任した。民主的な政権交代は70年以上ぶり。

アフリカ初の女性大統領、エレン・サーリーフ氏から職を引き継いだ。首都近郊にあるスタジアムには就任式を見ようと多くの人々が列を作った。

ウェア氏は昨年12月に行われた決選投票で60%を超える得票を得て、ジョセフ・ボアカイ副大統領を破り大統領選に勝利した。

式典には、セネガルやマリ、ガーナ、ナイジェリアといったアフリカ諸国の首脳らが参加したほか、サッカー選手のディディエ・ドログバ氏の姿もあった。

リベリアの人口は約460万人。内戦や政治腐敗に見舞われ民主的な政権交代は1944年以降行われていなかった。前任のサーリーフ氏が大統領に就任したのは2006年1月。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]