不明アルゼンチン潜水艦、「救出」から「捜索」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不明アルゼンチン潜水艦、捜索作業続く

(CNN) アルゼンチン海軍の報道官は30日、行方不明になっている潜水艦「サンフアン」について、これまで行ってきた「救出活動」が、「捜索活動」に切り替わったと発表した。

バルビ報道官は、海底の潜水艦内にいる乗員が生存可能と想定される時間のほぼ2倍をかけて捜索を行ってきたと強調した。サンフアンに乗務していた44人について、考えられる事態には言及しなかった。

救助から捜索に切り替わったことで、船舶などの配備は再編される。捜索はサンフアンが発見されるまで継続するとしている。

サンフアンはアルゼンチン沿岸から約432キロの大西洋南部で11月15日に消息を絶った。当局者は、同艦が1度も浮上していなかったとすれば、艦内の酸素は7~10日で底をつくと指摘していた。

海軍は、最後に同艦の所在が確認された現場近くで行方不明になった当日に、爆発音と思われる物音が検知されていたことも明らかにした。 ただ、攻撃を受けた形跡はなく、爆発音の原因に関する情報もないとしている。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「World」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]