中国、トランプ氏に「国賓以上」の待遇 晩さん会は故宮で

2017.11.08 Wed posted at 17:54 JST

[PR]

(CNN) アジア歴訪中のトランプ米大統領は8日から中国を訪問する。中国側は北京の世界文化遺産、故宮(旧紫禁城)内で晩さん会を開くなど、トランプ氏を異例の待遇で歓迎する。

北京に到着するトランプ氏とメラニア夫人を、習近平(シージンピン)国家主席と彭麗媛(ポンリーユアン)夫人が出迎えて、かつて明朝、清朝の歴代皇帝が暮らした故宮を案内する。

1949年の中国建国以来、外国首脳らを迎えた晩さん会が故宮で開かれるのは初めて。

最近大規模な改修を経て新たに公開されている区域もあり、豪華な城内がトランプ氏の印象に強く残ることは確実とされる。

中国の崔天凱・駐米中国大使はトランプ氏の訪中に先立ち、「国賓以上」の待遇で迎えると表明していた。

「ほぼ皇帝のような待遇」と表現する専門家もいる。トランプ氏を満足させることが中国の利益になるからだと、同専門家は指摘する。

トランプ氏は昨年の大統領選で中国の通商、経済政策を強く批判していたが、4月に習氏と会談してからは強硬な発言を控えてきた。

メールマガジン

[PR]