トランプ氏、北朝鮮に「我々を試すな」 韓国国会で演説

2017.11.08 Wed posted at 15:14 JST

[PR]

ソウル(CNN) トランプ米大統領は8日、韓国国会で演説し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対して「我々を過小評価するな。我々を試すな」と警告を発した。

トランプ氏は演説で、米国の現政権が歴代政権とは大きく異なるとの主張を展開。北朝鮮が米国や同盟国を脅かし続けるなら、それは「致命的な誤算」になるだろうと述べ、これまでとは違って武力行使もいとわない大統領という姿を印象付けた。

また、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に直接呼び掛ける形で「君たちが獲得しようとしている兵器は北朝鮮体制をより安全にするどころか、重大な危険にさらしている」「闇の道を一歩進むごとに危険は増す」と警告。

これまでに正恩氏を「ロケットマン」と呼び、北朝鮮に「炎と怒り」を浴びせると言い放ったような過激発言は控える一方、「今の北朝鮮は君の祖父が思い描いた楽園ではない。どんな人も送られるべきではない地獄だ」と批判した。

そのうえで朝鮮半島の「完全かつ検証可能な非核化」を求め、北朝鮮に対する「いかなる形の支援、供給、承認」も認めず孤立させるよう、全関係国が力を合わせる必要があると主張した。

具体的には、中国、ロシアを含む全ての国に対して国連安全保障理事会決議を履行し、外交関係の制限や貿易の停止を実行するよう呼び掛けた。「長く待てばそれだけ危険は大きくなり、選択肢は少なくなる」と述べ、迅速な対応を促した。

トランプ氏はさらに、韓国経済の発展ぶりを見れば北朝鮮の失敗は明らかだと指摘。「朝鮮戦争が始まった1950年、南北の国内総生産(GDP)はほぼ同等だったが、90年代には韓国が北朝鮮の10倍以上に、そして今では40倍以上にも達している」と述べ、「皆さんのやっていることは正しい」と語り掛けた。

メールマガジン

[PR]