ローマ法王に保守派が批判の書簡、「異端の教え広めている」

ローマ法王に対して保守派が批判の書簡を送った

ローマ法王に対して保守派が批判の書簡を送った

ローマ(CNN) ローマ・カトリック教会の改革を主導するフランシスコ法王に対し、保守派の神学者や聖職者らが「異端の教えを広めている」と批判する書簡を送ったことが26日までに分かった。

この動きを率いた責任者らによると、書簡は先月11日、40人の署名を添えて法王に届けられた。その後さらに22人が署名したとされ、今月23日に文面が公開された。

法王が結婚や生き方をめぐって「異端的な立場」を支持していると批判する内容だ。責任者らは、「言論の自由を失った」多数の聖職者や信者からの声だと主張。法王による異端の教えを批判した書簡は、1333年以降送られた例がないとしている。

この書簡について法王や法王庁(バチカン)から公式のコメントは出ていない。

書簡は法王が異端とされる7件の教えを広めていると主張し、公の場で修正するよう求めている。中でも離婚、再婚した信者への寛容な姿勢が焦点となっている。

法王は昨年4月に発表した文書の中で、離婚、再婚経験者にカトリックの重要な儀式である「聖体拝領」への参加を認める方向への転換を促した。この文書の解釈をめぐり、世界各地で論争が起きていた。

ただ専門家によれば、書簡に署名した保守派の中にはすでにローマ・カトリック教会から離脱している伝統主義派のメンバーも多く、教会内部からの批判とは言い切れない。また、信者や一般市民の多くは法王の路線を好意的に受け止めているとの指摘もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]