エジプト教会で連続爆弾テロ、43人死亡 ISISが声明

2017.04.10 Mon posted at 10:06 JST

[PR]

(CNN) エジプト北部で9日、タンタに続きアレクサンドリアでもキリスト教の一派コプト教の教会を狙った爆弾テロが発生し、合わせて43人が死亡した。過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が犯行声明を出した。

この日はキリスト教の復活祭から1週間前の祝日「パーム・サンデー」に当たり、教会には礼拝の信者らが集まっていた。

国営メディアによると、タンタでは礼拝堂の座席の下に仕掛けられた爆弾が爆発し、27人が死亡、78人が負傷した。

その後まもなくアレクサンドリアの教会前で自爆テロがあり、少なくとも16人が死亡、41人が負傷した。

内務省の発表によると、着衣に爆弾を仕掛けた男が教会へ入ろうとして警官に呼び止められ、自爆した。死者の中には男女少なくとも1人ずつの警官が含まれているという。

メールマガジン

[PR]