米財務省、ベネズエラ副大統領に制裁 麻薬取引への関与認定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米政府高官は同日、今回の制裁について、「エルアイサミ氏がベネズエラ副大統領として果たした役割に対する反応ではない。麻薬密輸についてOFACが1年がかりで行った捜査の結果」だと強調した。

CNNが入手した機密資料によると、エルアイサミ氏はベネズエラのパスポートや身分証明書173件の発給にかかわっていたとされる。こうしたパスポートなどは、テロ組織に指定されたヒズボラの関係者も含め、中東の人物らに発給されていた。

同資料では、そうしたパスポートなどの発給を指示していたのがエルアイサミ氏だったと報告。同氏は特に、「シリア、レバノン、ヨルダン、イラン、イラクの市民へのビザ発給や市民権の付与を主導していた」としている。

エルアイサミ副大統領本人やベネズエラ政府は13日の時点で取材に応じていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]