バングラデシュ政府、ロヒンギャ難民数千人を孤島に移送へ

ロヒンギャの幼児の死、父が無念語る

(CNN) バングラデシュ政府の当局者は31日、CNNに対し、同国の難民キャンプに滞在するロヒンギャの難民数千人を無人島に移送する計画があることを明らかにした。この島は雨季になるとしばしば土壌が水浸しになることから同当局者は計画について「恐ろしい、正気の沙汰ではない」と批判の声を上げた。

政府は新しい政令に基づき、難民キャンプに滞在しているロヒンギャの難民を9時間以上かけてテンガルチャール島に移送し、いずれミャンマーに送還する計画。

地元森林局によると、テンガルチャール島の面積は約3万ヘクタール。本土から約60キロ離れた無人島で、モンスーンの季節には豪雨によって大部分が水浸しとなる。

匿名で取材に応じた政府当局者によると、同島は年間を通じてほとんど近付くことができない環境にあり、地元の海賊が集まる場にもなっている。この当局者は「恐ろしいアイデアだ。移送ではなく、数千人を追放するに等しい」と計画を批判した。

国連によると、ロヒンギャの難民は6万9000人以上がミャンマーのラカイン州で2016年10月に起きた衝突を逃れ、バングラデシュに避難した。

ロヒンギャはミャンマーの国民として認められておらず、世界の中でも特に強い迫害に遭っている。治安部隊による弾圧を逃れてラカイン州から避難した人は合計で9万2000人に上ると伝えられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]