ケリー米国務長官、ベトナム訪問 自ら敵兵殺害した地訪れる

ベトナムの元兵士、ボー・バン・タム氏と握手を交わすケリー米国務長官(左)

ベトナムの元兵士、ボー・バン・タム氏と握手を交わすケリー米国務長官(左)

(CNN) 米国務省のケリー長官がベトナムを訪問し、約50年前に自らの手でベトナム人兵士を殺害した地を訪れた。

当時20代半ばだったケリー氏は、米海軍兵としてベトナム戦争に従軍。1969年にメコン川の戦いで、ケリー氏の乗った輸送船スウィフトが南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)に攻撃された。ケリー氏はこの戦いでの功績を認められて後に勲章を授与されている。

ケリー氏が国務長官としてベトナムを訪問するのはこれで4度目。14日には当時のスウィフト攻撃に加わっていた元兵士のボー・バン・タム氏に面会した。バン・タム氏が通訳を介して語ったところでは、ケリー氏が殺害したのは当時24歳だったバン・タム氏の友人、バー・タン氏だった。

ケリー氏はバン・タム氏と握手を交わし、記念品を贈呈した。ツイッターには「今日、私が会ったボー・バン・タム氏はかつての敵で、私たちが昔戦ったメコン川でエビやカニを養殖している」と書き込み、「双方の元兵士が今は友人となり、米国とベトナムの関係強化という同じ目標に向けて連携できるようになった」と感慨を語った。

ベトナム戦争から帰還したケリー氏は、ベトナム帰還兵の戦争反対運動の指導者になって上院外交委員会で証言。議事堂前に勲章を投げ捨てる抗議運動で新聞のトップを飾った。後にこの時捨てた勲章は他人のものだったと告白している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]