英の調査権限法は「違法」、プライバシー侵害 欧州司法裁

英国の調査権限法について違法との判断が下された

英国の調査権限法について違法との判断が下された

ロンドン(CNNMoney) 欧州司法裁判所は21日、英国で新たに成立した調査権限法について、違法であり、市民のプライバシーの侵害に当たるとの判断を下した。

この法律は当局に対し、電話や電子メール、携帯電話のメッセージ、インターネットの閲覧履歴といった情報にアクセスする幅広い権限を認めるもので11月に成立した。通信会社やIT(情報技術)企業に対しては過去1年間のユーザーデータを保存することを義務づけている。

欧州司法裁は、この法律が厳密な必要性から逸脱しており、民主社会において正当化されるとは考えられないと指摘。データ収集と監視は重大犯罪に限定すべきだとした。

英内務省はこの欧州司法裁の判断について失望したとし、当局は人々のやりとりするメッセージの内容を見るわけではなく、いつどこで通話や送信が行われたかといった情報を追跡するだけだと指摘した。

今後、英国内の裁判所が法律をどのように改正すべきかについて判断する。

この法律をめぐっては、当局に対して「英国民への監視について前例のない水準の権力」を与えるとして20万人以上が撤廃を求める請願に署名している。

フェイスブックやグーグル、ツイッター、マイクロソフト、ヤフーといったIT大手もこの法律に反対の姿勢を示している。世論の反発を受け、英政府が法律の規定を緩和した経緯もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]