韓国国会、朴大統領の弾劾案可決

2016.12.09 Fri posted at 17:00 JST

[PR]

ソウル(CNN) 韓国国会は9日午後、朴槿恵(パククネ)大統領弾劾(だんがい)訴追案を審議し、賛成票234、反対票56で可決した。これを受け朴氏は職務停止となり、憲法裁判所が朴氏の罷免の妥当性を180日以内に判断することになる。

大統領の弾劾案について韓国の憲法は、在籍議員数300のうち3分の2が賛成した場合に可決するとしている。職務停止期間中は黄教安(ファンギョアン)首相がこれを代行する。

朴大統領をめぐっては、親友の国政介入問題に端を発した一連の疑惑で退陣を求める声が強まっていた。

メールマガジン

[PR]