大統領警護隊の車列に爆弾、9人負傷 フィリピン

ミンダナオ島のイスラム武装組織の拠点へ砲撃を行うフィリピン軍

ミンダナオ島のイスラム武装組織の拠点へ砲撃を行うフィリピン軍

(CNN) フィリピン南部ミンダナオ島のマラウィで29日、ドゥテルテ大統領の警護チームの車列を狙ったとみられる爆発があり、メンバー9人が負傷した。

負傷者のうち1人は重体。チームは50人編成で、30日に予定されるドゥテルテ大統領の訪問に備え、先遣隊として同市へ派遣されていた。

大統領が予定通り同市を訪問するかどうかは明らかでない。

軍幹部がCNNに語ったところによると、ミンダナオ島を拠点とするイスラム過激派、マウテグループによる犯行だった可能性がある。

マウテは先週から、同島ブティグで国軍と交戦中。9月に大統領の出身地、同島ダバオで14人が死亡した爆弾テロにも関与したとみられる。28日に首都マニラの米大使館付近で見つかった爆発装置は、ダバオで使われたのと同じ設計だったとされる。

フィリピン南部にはマウテのほか、イスラム過激派アブサヤフも拠点を置いている。過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が次の拠点として狙っているとの情報もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]