独、イスラム厳格派を非合法化 若者をシリア戦闘に誘う

証拠を運び出す捜査員

証拠を運び出す捜査員

ベルリン(CNN) ドイツのデメジエール内相は15日、今までに140人の若者をシリアでの戦闘に誘い込んだとして、イスラム厳格派のサラフィー主義集団を非合法化すると発表した。

これに先立つ同日早朝、警察は国内10州でこの集団に関連するモスク(イスラム礼拝所)やアパート、事務所、倉庫など200カ所を捜索した。

首都ベルリンの警察によると、同市内では計200人の警官が出動し、20カ所で強制捜査を実施した。

集団を率いているのはドイツのサラフィー主義者、イブラヒム・アブ・ナジー師。2011年に国内やスイス、オーストリアの全世帯にイスラム教の聖典「コーラン」を配布する運動を主導し、物議を醸した人物だ。

サラフィー主義はサウジアラビアなどで広く信仰されているイスラム教スンニ派原理主義の一派。シーア派のイスラム教徒や異教徒を排斥する厳格な思想で知られる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]