香港デモの学生リーダー、タイで拘束

香港(CNN) 香港で2014年に起きた民主化デモ「雨傘運動」のリーダーの1人、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)さんが訪問先のタイで拘束された。黄さんらが今年設立した政党「デモシスト(香港衆志)」が明らかにした。

デモシスト代表の羅冠聡(ネイサン・ロー)さんによると、黄さんはタイの大学で講演する予定だった。現地で黄さんと会うことになっていたタイ人の学生活動家からの話として羅さんがCNNに語ったところによると、拘束された場所はバンコク近郊の空港。タイの空港当局はこの学生活動家に対し、中国政府から書簡を受け取っていることを告げたという。

活動家は黄さんとの面会を求めたが拒否された。

黄さんは香港の治安裁判所で、雨傘運動の発端となった香港政府前の集会に参加したとして有罪判決を受け、8月に80時間の社会奉仕活動を言い渡されていた。

タイでは過去1年間に、中国出身の反体制活動家少なくとも4人が拘束されたり、消息を絶ったりしている。消息不明の活動家はその後、中国で当局に拘束されているのが見つかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]