ノーベル医学生理学賞に大隅良典氏 「オートファジー」のメカニズム解明

ノーベル医学生理学賞を受賞した東京工業大の大隅良典栄誉教授

ノーベル医学生理学賞を受賞した東京工業大の大隅良典栄誉教授

(CNN) スウェーデンのカロリンスカ医科大は3日、2016年のノーベル医学生理学賞を、東京工業大の大隅良典栄誉教授に贈ると発表した。

細胞組成の分解とリサイクルの基礎的なプロセスである「オートファジー」のメカニズムの発見と解明が評価された。

オートファジーの機能自体は1960年代ごろから研究者の間で知られていたものの、それがどのような仕組みで行われるのかはほとんど分かっていなかった。大隅氏は1990年代に酵母を使った実験でそのメカニズムを解明。オートファジーに不可欠な遺伝子も特定した。

オートファジーの機能がうまく働かなくなることが、パーキンソン病や2型糖尿病、その他とりわけ高齢者がかかりやすい疾患の発症と関係があるとみられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]