国際空港付近で自爆テロ、12人死亡 ソマリア首都

ソマリアの首都モガディシオの市場で自動車爆弾によるテロが発生

ソマリアの首都モガディシオの市場で自動車爆弾によるテロが発生

(CNN) ソマリアの首都モガディシオの国際空港付近で26日、2台の車を使った自爆テロがあり、国連ソマリア支援ミッション(UNSOM)によると少なくとも12人が死亡した。

爆発は同日午前に発生。近くにはUNSOMとアフリカ連合(AU)の拠点があった。

国際テロ組織アルカイダ系のイスラム過激派「シャバブ」が傘下のラジオ局を通し、国際部隊を狙ったとする犯行声明を出した。

キーティング国連事務総長特別代表は「過激派が必死で政治プロセスの進展を妨害しようとしている一例」との見方を示し、「ソマリア当局も国連も前進を続ける」と強調した。

政府報道官はソマリア国営通信(SONNA)に、治安部隊員や民間警備員を含む少なくとも13人が死亡、19人が負傷したと述べた。

UNSOMによると、死者の中に国連要員はいなかった。UNSOMも犯行を強く非難する声明を出した。

シャバブはイスラム原理主義国家の樹立を主張し、ソマリア各地と近隣諸国で国連部隊や支援団体、報道機関のほか学校、教会などを狙ったテロを繰り返している。昨年4月にはケニアの大学が標的となり、学生ら少なくとも150人が死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]