イスタンブールで爆弾テロ、11人死亡 警察車両狙う

(CNN) トルコ・イスタンブールの旧市街で7日朝、爆発物を積んだ自動車が爆発し、少なくとも11人が死亡、36人が負傷した。警察車両を狙ったテロ攻撃とみられる。

イスタンブール県のバシップ・サフン知事が報道陣に明らかにしたところによると、爆発が起きたのは午前8時40分。警察官を輸送するバスを標的に、自動車爆弾が使用されたという。爆発を受け警察官7人と市民4人が死亡した。

また負傷した36人のうち、3人は重体となっている。地元メディアは今回のテロ攻撃について、遠隔操作で爆弾を爆発させたとの見方を示す。現場の映像には爆発で破壊された車両や建物が映っている。現時点で犯行声明は出ていない。

トルコは今年に入り、テロ攻撃の被害が相次いでいる。クルド人の武装組織や過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」によるもので、首都のアンカラや観光客の多いイスタンブールが狙われてきた。3月にアンカラで起きた車爆弾テロでは少なくとも35人の市民が死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]