ケニアから中国に強制移送の台湾籍2人、国営メディアで「謝罪」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国営中国中央テレビ(CCTV)は、自白の書面とする文書を画面に映した。

CNNではこれらの報道内容を確認できておらず、2人の発言が強要されたどうかも不明。

報道によれば、2人を含む台湾籍の45人はこのほど、「著しい基本的人権の侵害」とする台湾政府の抗議にもかかわらず、ケニアから強制退去させられ中国に身柄を送致された。ケニアは台湾を国として認めておらず国交もない。

男性らはケニア当局から電話やインターネットを駆使した詐欺計画に関わった罪に問われていたが、裁判で無実とされていた。ケニア内務省の報道官は違法滞在が国外退去の理由だとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]