サウジ、宗教警察から逮捕権を剥奪

(CNN) サウジアラビア政府は15日までに、宗教警察からイスラム法に反した者を逮捕する権限を剥奪した。

国営サウジ通信によれば、逮捕に代わり、今後は一般警察や麻薬警察に当該の人物の「不品行」を通報することになるという。

「ハイア」とも呼ばれるサウジの宗教警察は、酒や薬物の摂取禁止などイスラム法の順守を確保することをその任務としている。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのファワズ・ジョージ教授は、この変化をサウジ内閣の「大きな進歩」だと評する。

「この数年、宗教警察の越権行為などについて国民から多くの苦情が寄せられていた。宗教警察として不適切な行為や家族の虐待、度を超えた対応もあったりした」「サウジの指導層は、宗教警察の対応は悪影響の方が大きいと判断したようだ」と同氏は言う。

中でも問題となったのが、宗教警察による女性への対応だ。

「大半の苦情は女性に関するものだった。きちんとスカーフをかぶっていないとか、(外出時に)保護者と一緒でないといったケースだ」「宗教警察は宗教的なルールに従わない女性を標的にしていた」とジョージ教授は指摘する。

もっともこれが、サウジにおける大きな社会改革の始まりを意味するのではないという。

ジョージ教授によると、昨年1月に即位したサルマン国王は「超保守的な宗教指導者たちの強い支持を受けて」おり、国民の怒りを和らげるための落とし所をさぐっている。今回の措置は「宗教警察に対する不満に対応するためのもの」で「大きな政策や改革運動の一部だととらえるべきではない」と同氏は語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]