パリ同時テロ前に「ISISが欧州5都市でテロ計画」の情報

パリ同時テロの発生前に欧州に戦闘員を送り込んだとの情報があったという

パリ同時テロの発生前に欧州に戦闘員を送り込んだとの情報があったという

(CNN) 欧米の情報機関は昨年11月のパリ同時多発テロ事件に先立ち、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が欧州の5都市でテロを実行するため60人の戦闘員を送り込んだとの情報を入手していたことが分かった。欧州の対テロ当局上層部の情報筋がCNNに語った。

この情報によると、標的とされた都市はパリ、ロンドン、ベルリンとベルギーの人口密集地などで、中心人物はISISの対外作戦部門を率いるアブ・モハメド・アドナニ幹部。ただし、これらの都市への同時攻撃を図った形跡はみられなかったという。

同情報筋によれば、計画についての情報は断片的で確認が難しく、当時具体的な対策を講じるには漠然とし過ぎていた。パリ同時テロの前には、この計画が動き出していることを示す具体的な情報もなかったという。

同情報筋は「ISISが欧州への攻撃に野心を抱いていることは周知の事実だった」と指摘する。

アドナニ幹部は何年も前から一連の音声メッセージで、対ISIS有志連合に参加する欧州諸国、特にフランスやベルギーへの攻撃を予告していた。15年1月にはベルギー警察が、パリ同時テロの首謀者アブデルアミド・アバウド容疑者が同国で計画した大規模テロを阻止していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]