サウジとイランの対立、近隣諸国にも拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イランの首都テヘランにあるサウジ大使館前で抗議の声を上げる人々

イランの首都テヘランにあるサウジ大使館前で抗議の声を上げる人々

(CNN) イスラム教スンニ派国家のサウジアラビアがシーア派指導者を処刑したことをきっかけに、同国とシーア派国家イランの対立が激化した問題は、中東の近隣諸国などを巻き込んでさらに深刻さを増している。

サウジ政府はイランとの関係断絶宣言に続き、4日には両国を結ぶ航空便の運航を全て停止すると発表。この措置はただちに施行された。

バーレーンは4日、イランによるアラブ諸国への「あからさまで危険な干渉」を理由に、同国との外交関係を断絶すると発表した。

アラブ首長国連邦(UAE)はイランとの外交関係を「格下げ」するとして駐テヘラン大使を召還し、イラン国内に駐在する外交官の人数を減らすと表明した。

UAE政府は声明で、イランによる湾岸アラブ諸国への内政干渉が「かつてないレベル」に達していることを踏まえ、こうした「異例の措置」を取ったと説明している。

またスンニ派が多数を占める北アフリカのスーダンでも、政府がイランの大使ら外交団全員を追放。同時にイランから自国大使を召還した。

さらに地域外の大国、ロシアと中国も4日、相次いで声明を発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]