オーストラリア、医療用マリフアナを解禁へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストラリアが医療目的や研究目的の大麻栽培を解禁する方針を明らかにした

オーストラリアが医療目的や研究目的の大麻栽培を解禁する方針を明らかにした

(CNN) オーストラリア政府は19日までに、マリフアナの使用や販売を禁じた現行法を改正し、医療目的や研究目的の大麻栽培を解禁する方針を発表した。

現行法ではマリフアナは禁止薬物に指定され、栽培、使用、所持、販売に対して罰金や禁錮などの刑事罰が定められている。政府は同法を改正して医療目的の大麻栽培を認める方針。リー保健相は「病による衰弱に苦しむ国民が、最も効果の高い療法を受けられるようにしたい」との談話を発表した。

同国では、苦痛緩和の目的で大麻を使用する患者に対して刑罰を科すのは不当だとして解禁を求める声が高まっていた。インターネットの嘆願サイトで医療用大麻の解禁を求めるキャンペーンには、2年間で24万6000を超す署名が寄せられた。

この運動を始めたのは元看護師のルーシー・ハスラムさん。今年2月に25歳で死去した息子のダニエルさんが、末期がんの苦痛を和らげるために医療用マリフアナを使っていた。

ダニエルさんは別の患者に勧められてマリフアナを使ったところ、食欲が回復して嘔吐(おうと)などの症状も改善されるなど、大きな効果があったという。

一方、嗜好(しこう)用マリフアナについては解禁の対象にはしないと政府は言明。リー保健相は「娯楽用途の大麻については引き続き禁止薬物に指定する。それを変える計画はない」と強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]