ニュージーランドの新国旗、最終候補4案を発表

ニュージーランド新国旗の最終候補4案=同国政府

ニュージーランド新国旗の最終候補4案=同国政府

(CNN) 国旗の変更を検討しているニュージーランドで1日、新たなデザインの最終候補4案が発表された。だがインターネット上の反応をみると、国民の間では4案とも不評を買っているようだ。

公募で集まったデザイン1万点の中から、財界人や学識経験者で構成される検討委員会が4点に絞り込んだ。

このうち3点は、ニュージーランド原産のシダ「シルバーファーン」の葉をあしらったデザイン。シルバーファーンはラグビーの同国代表、オールブラックスのシンボルマークにも使われている。残る1点は、黒地に白でシダの新芽を示す先住民マオリ族のモチーフ「コル」を描いている。

4案の中から年内に1案を選び、現行の国旗とどちらがいいかを改めて国民投票にかけることになっている。

ところがこれらの案に対し、ネット上では「つまらない」「印象が暗い」といった声が相次いだ。シルバーファーンの似たようなデザインが3点を占めたことに対する批判や、シダの葉が互い違いでなく左右対称に生えているのは「植物学的に間違い」との指摘も寄せられた。コルの渦巻きには「催眠模様」というあだ名までついた。

検討委員会のメンバーにデザインや芸術の専門家が入っていないことも、批判の対象になっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]