イスラエル兵が11歳少年を羽交い絞め 動画に注目集まる

ヨルダン川西岸でのイスラエルの入植者住宅建設に抗議の声があがっている

ヨルダン川西岸でのイスラエルの入植者住宅建設に抗議の声があがっている

エルサレム(CNN) ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区で、武装したイスラエルの兵士が11歳のパレスチナ人少年を取り押さえようとする画像がインターネットに投稿され、注目を浴びている。

衝突は28日、パレスチナの活動家グループがヨルダン川西岸のナビサレハでイスラエルの入植者住宅建設に抗議する定例のデモを行っている最中に起きた。

画像の中の兵士は機関銃を持ち、腕を骨折した少年を羽交い絞めにしている。その背後に女性たちが集まり、兵士を少年から引き離そうとする場面もあった。

撮影したのは少年の父のバセム・タミミさん。抗議運動の様子を定期的に撮影してウェブサイトに投稿しているといい、今回の映像は30日までに300万回近く再生された。

タミミさんの妻と娘も少年を助けようと兵士につかみかかり、娘が兵士の右手にかみつく姿も映っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]