航空ショーで戦闘機が墜落、死者7人以上 英南部

(CNN) 英南部ショアハムで22日午後1時20分(日本時間同9時20分)ごろ、航空ショーのデモ飛行中だった冷戦時代の戦闘機が幹線道路に墜落し、警察によると少なくとも7人が死亡した。

現場のCNN記者によると、戦闘機は宙返り飛行の途中で墜落。道路上の車両数台を直撃した。操縦士は残骸から救出されたが重体だという。

死者は全員、道路にいた人々だった。負傷者は15人で、いずれも軽傷。ショーの会場となっていた飛行場での負傷者は報告されていない。

航空ショーは英国空軍協会が主催し、古い軍用機などが出展されていた。主催者は墜落を受け、23日に予定していたプログラムを中止すると発表した。

当局は、現場の写真や動画を撮影した人は連絡してほしいと呼び掛けている。

墜落したホーカーハンターは、1950年代に英国やオランダ、ベルギーで約2000機製造された1人乗り戦闘機で、全長は約14~15メートル、翼幅は約10メートル。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]