遺品と生存者の証言でよみがえる原爆の地獄

広島を襲った地獄のような出来事を今に伝える原爆ドーム=日本政府観光局

広島を襲った地獄のような出来事を今に伝える原爆ドーム=日本政府観光局

しかし、多くの人々が生き残り、今も生存している。地元メディアによれば、2014年3月時点で19万2719人の被爆者が生存している。広島平和記念資料館は、数千人の生存者の話や絵、原爆にまつわる品々を収集している。

絵に描かれているのは恐ろしい記憶だ。子どもの名前を叫ぶ母親を描いたものや、死んだ子どもたちであふれた川を見下ろす様子が描かれたものがある。

いずれの絵も、生き残ろうとした生存者たち一人ひとりの苦難というプリズムを通じて、あの恐ろしい日の一部を垣間見せる。

遺品も、心痛むものから、グロテスクなものまでさまざまだ。黒く汚れたシャーリー・テンプルの人形や、爆発の熱で溶けてくっついた硬貨のかたまり。

子ども用の三輪車にまつわる物語は、後に「伸ちゃんのさんりんしゃ」として出版もされた。原爆によって死亡した3歳の少年の物語は、核による破壊の恐怖を将来の世代に思い出させ続けるだろう。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]