人気のライオン銃殺、米ハンターの行方追う ジンバブエ

今月初めにハンターに殺されたオスのライオン「セシル」=YOUTUBE

今月初めにハンターに殺されたオスのライオン「セシル」=YOUTUBE

(CNN) アフリカ・ジンバブエの国立公園で観光客らに親しまれていた野生のライオンが殺されているのが見つかり、野生生物保護当局は28日、この事件に関連して米国人ハンターの行方を追っていることを明らかにした。

殺されたのは、同国のワンゲ国立公園に生息していた13歳のオスのライオン「セシル」。観光客の前に姿を現すことも多く、英オックスフォード大学はGPS首輪を装着して追跡調査を行っていた。

ジンバブエ公園・野生生物管理当局が行方を追っているのは、米ミネソタ州に住むウォルター・ジェームズ・パーマー容疑者。現地の警察も、この事件に関連してジンバブエ人2人を逮捕し、パーマー容疑者の行方を追っていることを明らかにした。

逮捕されたうちの1人はプロのハンターで、パーマー容疑者から5万ドル(約620万円)の報酬を受け取っていたと見られる。

調べによると、パーマー容疑者はこのハンターの案内で7月6日にワンゲ国立公園を訪れて夜間ハンティングに出かけ、餌でセシルを誘い出して撃ち殺したとされる。しかしこのライオンのGPS首輪に気付いて死骸を遺棄しようとし、皮をはいで頭部を切断した疑いが持たれている。切断された頭部は見つかっていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]