エジプト検事総長が死亡、車列狙った爆発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カイロ(CNN) エジプトの国営メディアによると、同国のヒシャム・バラカート検事総長が29日朝、首都カイロ市内の自宅付近で死亡した。

検事総長の車列を狙ったとみられる爆発が起き、ほかに6人の負傷者が出たとされる。

警察は、爆発の原因について詳しいことは分からないと述べた。

エジプトでは2012年6月30日、イスラム組織「ムスリム同胞団」を支持母体とするムルシ前大統領が就任。ちょうど1年後に大規模な反政府デモが起き、前大統領は事実上の軍事クーデターで追放された。

軍部はその後、ムスリム同胞団をテロ組織に指定し、メンバーらを厳しく取り締まってきた。裁判では多数の同胞団指導者らが死刑判決を受けている。

その一方で警官や兵士、判事らを狙ったテロが続発し、数百人が死亡。5月にはシナイ半島で3人の判事が射殺された。

これらのテロではシナイ半島に拠点を置くイスラム過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」系の組織など複数のグループが犯行声明を出したが、ムスリム同胞団は関与を否定している。

「World」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]