CNN EXCLUSIVE

「裏切り者」から「寛容」のシンボルに、北朝鮮に強制送還された若者たちは今

北朝鮮に強制送還の若者たちは今

平壌(CNN) 十代で北朝鮮から脱出し、2013年にラオスから強制送還された若者9人がその後、当局から手厚い処遇を受けて平壌市内の大学などに通っていることが分かった。最近訪朝したCNN取材班が対面して話を聴いた。

北朝鮮への訪問中、取材班の日程はすべて当局に決められ、撮影には毎回「世話役」が同行した。

ある午後、滞在先のホテルの会議室へ行くよう指示されて、何も分からないままドアを開けると、そこには8人の若者が座っていた。

彼らの顔には見覚えがあった。2年前の初夏、ラオスから送還されて世界から注目を集めた少年少女たちだ。

当時14~19歳だった一行は韓国人宣教師に連れられ、中国からラオス経由で韓国を目指していたとされる。

北朝鮮当局は脱北者を「人間のくず」と呼び、本人や家族を厳しく罰することが知られている。送還後の一行をめぐっては、「収監されるのではないか」「生涯にわたって懲罰を受け、処刑される恐れもある」などの憶測が飛び交った。

あれから2年。若者たちは見違えるような姿で私たちの目の前に現れた。ブレザーに身を包んだ男子大学生4人に、高校の制服を着た少年2人と少女2人。あと1人は平壌から離れた大学に通っているため、すぐには駆け付けることができなかったという。

9人は11年に別々に中国へ越境し、国境付近の丹東にある宣教師の家で合流したとされる。私たちは取材の冒頭で、当時どうして脱出したのかという質問を投げかけた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]