英国のエボラ熱患者、重体に 現地から帰国の看護師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シエラレオネなど西アフリカではエボラ出血熱が依然猛威を振るっている

シエラレオネなど西アフリカではエボラ出血熱が依然猛威を振るっている

英メディアによると、カファキーさんは英政府が先月、非政府組織「セーブ・ザ・チルドレン」と共同でシエラレオネへ派遣した約30人の医療ボランティアチームの一員として渡航。帰国時はモロッコとロンドンのヒースロー空港を経由し、12月28日にグラスゴー空港に到着した。直後に体調を崩して医師の診察を受け、隔離装備のある軍用機でロンドンへ運ばれた。

当局は帰国便に乗り合わせた乗客ら全員と連絡を取っているが、機内で感染が広がった可能性は非常に低いとしている。

世界保健機関(WHO)によると、エボラ熱が流行しているシエラレオネ、ギニア、リベリアでの患者数は12月31日までに疑い例を含めて2万人を超え、死者は7989人に達した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]