「イスラム国」「ISIS」「ISIL」 その違いは?

ISIS

こちらは「イラクとシャムのイスラム国(英語:the Islamic State in Iraq and al-Sham。アラビア語:Al-Dawla Al-Islamiya fi al-Iraq wa al-Sham)」の頭文字をつなげたもの。「イシス」と読めるから英語として語呂がいいと考える人もいるし、また偶然ではあるが、古代エジプトの女神の名前とも同じだ。

CNNでは「イラク・シリア・イスラム国」の略としてISISを採用している。

アラビア語でシャムは、レバント、シリア、大シリア、場合によってはダマスカスのいずれの意味にも取れるとされる。

イスラム国

組織側は自らのことを短く「イスラム国(英語:Islamic State。アラビア語:al-Dawla al-Islamiya)」と表現することが多い。国境を越えたカリフ制国家を作りたいという彼らの意思を正確に表した言葉といえるだろう。

彼らがインターネットで公開した動画では、単に「国家(ダウラ)」と表現している。

DAIISH

欧米ではあまり知られていないが「DAIISH」という略称もある。これはアラビア語の組織名(アラビア語でal-Dawla al-Islamiya fi Iraq wa al-Sham)をアルファベットで音写した際の頭文字をつなげたもの。アラブ世界の報道機関や政治家はよく使う。

ただし、DAIISHには否定的なニュアンスがあるとカリディ教授は言う。「反対派の人々が使う呼び名だ」

組織側はこの呼称に異議を唱えているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]