仏ラジオ記者2人が拉致、殺害される マリで取材中

アフリカ・マリでフランス人記者2人が拉致、殺害された

アフリカ・マリでフランス人記者2人が拉致、殺害された

(CNN) フランス外務省は2日、西アフリカのマリで取材中だった仏ラジオ局の記者2人が国際テロ組織アルカイダとつながりを持つ武装勢力に拉致され、殺害されたことを明らかにした。

2人はラジオ・フランス・アンテルナシオナル(RFI)の記者。マリ北部キダル近郊で2日午前、遊牧民トゥアレグ人の武装勢力メンバーにインタビューした後、メンバーの自宅前で拉致された。両記者の車の運転手は地面に伏せるよう命じられ、2人の抵抗する声を聞いたと話している。

フランスのオランド大統領は、犯行を「卑劣な行為」と非難する声明を出した。

マリでは昨年の軍事クーデターに続く混乱の中で、武装勢力が北部を占拠。今年1月に旧宗主国のフランスが軍事介入した。キダルは武装勢力の最後の拠点だったが、2月までにフランス軍に制圧された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]