アルジェリア人質事件、救出作戦で12人死亡か

(CNN) 国営アルジェリア・プレス・サービス(APS)は、17日にアルジェリア軍が行った人質救出作戦で、外国人100人を含む650人の人質が解放されたが、少なくとも12人が死亡したと伝えた。

アルジェリア人と外国人労働者合わせて少なくとも12人が死亡したという。APSは、この人数は「暫定的数字」としている。死亡した12人の中には、米国人1人、フランス人1人、英国人1人が含まれている。

またAPSによると、武装勢力18人が無力化したという。

APSは少なくとも30人の外国人労働者が行方不明と報じているが、個別の確認は取れていない。

米国務省が発表したところによると、米国人6人が解放されたか脱出した。他の人質に関する情報など詳細は伝えられていない。

今週はじめに2人の米当局者が3人のアメリカ人が人質になっている可能性があると語っていた。また、キャメロン英首相は18日、30人近くの英国民が人質になっていることを明らかにしていた。

アルジェリアの天然ガス施設での人質事件で、犯行グループのイスラム武装勢力に捕らわれている人質の人数は依然として明らかになっていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]