グアテマラ地震の死者48人、負傷者150人 道路や建物の損壊多数

中米グアテマラでM7.4の地震=Guatemala Conred提供

中米グアテマラでM7.4の地震=Guatemala Conred提供

(CNN) 中米グアテマラで7日、マグニチュード(M)7.4の強い地震があり、道路や建物が損壊したり、車ががれきに押しつぶされるなどの被害が出ている。ペレスモリナ大統領は同日夜、少なくとも48人が死亡、150人が負傷して手当てを受けていると明らかにした。

震源は西部沿岸の町チャンペリコから約24キロの地点で、震源の深さは約42キロ。隣国のメキシコ市でも揺れを感じた。グアテマラを襲った地震としては、1976年に2万3000人の死者を出したM7.5の地震以来の規模となる。

災害対策当局によれば、この地震で29人が行方不明になり、数百人が家を失った。

震源に近いサンマルコスなど西部や太平洋沿岸の一帯で、道路が寸断されたり学校や住宅が倒壊する被害が出ており、国営AGN通信は、6万人が停電に見舞われていると伝えた。

ペレスモリナ大統領は、学校が学期末を迎えて休みに入ったばかりだったことが幸いしたと語った。

震源から200キロ以上離れた首都グアテマラ市の住民は、強い揺れが長く続き、机やプリンターが大きく揺れたと話している。

政府は強い余震があることも予想されるとして、太平洋沿岸の全域に警戒警報を出し、高層ビルからの避難などを呼びかけている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]